ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済スポーツ部 > 商工観光課 > 営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(東京都)

本文

記事ID:0024517 更新日:2020年12月2日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(東京都)

営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金

東京都では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京都の要請に応じて営業時間の短縮等に協力した酒類の提供を行う飲食店およびカラオケ店を営業する中小事業者に対して、1事業者あたり一律40万円の協力金を支給します。

申請要領等については、詳細が決まり次第東京都のホームページで公表される予定ですので、東京都ホームぺージ<外部リンク>をご確認ください。

※この制度は東京都が実施します。青梅市が申請受付窓口等になるものではありませんので、ご注意ください。

※申請専用ポータルサイトが今後、東京都のホームページで立ち上がる予定です。

主な対象要件(次のすべてを満たす必要があります)

  • 酒類の提供を伴う飲食店およびカラオケ店を運営する中小企業、個人事業主等の方
  • 夜間時間帯(午後10時~翌午前5時)に営業を行っていた事業者が、午前5時から午後10時までの間に営業時間を短縮
  • 要請期間(令和2年11月28日~12月17日)の全期間、営業時間の短縮に全面的に協力
  • ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示すること

問い合わせ

東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター

電話 03-5388-0567 (午前9時~午後7時)

 

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?