ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画部 > DX推進担当 > オープンデータとは

本文

記事ID:0209444 更新日:2019年12月1日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

オープンデータとは

「オープンデータ」とは、機械判読に適したデータ形式で、二次利用可能なルールのもと、無償で公開されたデータをいいます。

オープンデータの活用により、官民協働による地域課題の解決や経済の活性化、行政の高度化・効率化および透明性・信頼の向上につながることが期待されています。

青梅市では、公開可能なデータから順次公開に取り組みます。

利用に当たっての注意事項

ライセンス表示について

青梅市がオープンデータとして提供するデータ(以下「データ」とします。)は「クリエイティブ・コモンズライセンス表示4.0国際(CC-BY)」を採用しています。

データ利用について

  1. データは自由に利用・改変できます。
  2. データを元に二次著作物を自由に作成可能です。
  3. データを元に作成したものに、青梅市のデータを利用している旨を表示してください。

禁止事項

データを以下の目的に利用することは禁止します。

  1. 著作権、プライバシー権、肖像権等第三者の権利を損なったり、安全を脅かしたりする行為
  2. 不正行為および公序良俗に反する行為

免責事項

  1. データについては、細心の注意を払っていますが、その内容の正確性等についていかなる保証を行うものではありません。
  2. データは、本市の活動に関する情報の一部であり、そのすべてを網羅するものではありません。また、現在掲載しているデータについては、その継続的な提供を保証するものではありません。
  3. データは自己の責任においてご利用ください。データの利用によって利用者等に損失が発生した場合でも本市は一切の責任を負いません。
  4. データに含まれるすべての情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、すべてのデータについて予告することなく内容を改変し、または掲載を停止することがあります。

青梅市オープンデータページ

青梅市オープンデータページ

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?