ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 新型コロナウイルスワクチン接種担当 > 新型コロナウイルスワクチン集団接種後における死亡事例の発生について

本文

記事ID:0062623 更新日:2022年11月18日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

新型コロナウイルスワクチン集団接種後における死亡事例の発生について

新型コロナウイルスワクチン集団接種後における死亡事例の発生について

被接種者 70代 男性 既往歴あり

接種回数 5回目

使用ワクチン ファイザー社製オミクロン株対応2価ワクチン(Ba.4-5対応型)

接種会場 住友金属鉱山アリーナ青梅

発生年月日 令和4年11月13日(日曜日)

概要

集団接種会場で新型コロナウイルスワクチン接種を受けた方が、接種後の経過観察中に体調が急変し、心肺停止状態となったことから、現場の医師および看護師により酸素吸入や心臓マッサージを実施。その後、病院に救急搬送され、救命措置がとられましたが、死亡が確認されました。死体検案の結果では、アナフィラキシーショックの可能性は低いとのことです。

市長コメント

この度、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けられた方の尊い命が失われたことについて、心から哀悼の意を表します。
この状況を踏まえ、ワクチン接種後の状況等について、医師から国に副反応疑い報告を行うとともに、今後、市といたしましては、東京都の協力もいただいて検証を行い、引き続き、安全安心なワクチン接種の実施に努めてまいります。

令和4年11月18日 青梅市長 浜 中 啓 一

問い合せ先

青梅市健康福祉部新型コロナウイルスワクチン接種担当主幹

電話番号 0428-22-1111 内線:11562

 

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?