本文へジャンプします。

文字サイズ
縮小
拡大
他言語化
  • 検索の使い方
  • サイトマップ
  • 色・音声
  • 音声で読み上げる
  • ホーム
  • くらし
  • 事業者の方へ
  • 市政
  • くらしのガイド
  • ご意見

ホーム > くらし > 観光・イベント > マラソン・駅伝 > 奥多摩渓谷駅伝競走大会

ここから本文です。

更新日:2018年9月20日

奥多摩渓谷駅伝競走大会

制限時間を1時間延長(3時間→4時間)!走りやすくなりました!

青梅はマラソンだけじゃない!

一つの襷(たすき)を仲間へつなぐ。

日本発祥のスポーツ「駅伝」。

襷を、思いを、つなげてみませんか。

ekidenn ekidenn2 ekidenn3

師走の青梅・奥多摩路に挑戦してみませんか!奥多摩渓谷駅伝は、青梅マラソン大会よりも伝統ある大会として、今年で80回目の開催となります。次の走者へ襷をつなぐプレッシャーが、マラソン大会では味わえない仲間との達成感を生み出します。

また、80回を記念し、より多くの方に参加いただけるよう、以下のような取り組みを行いました。

  • 制限時間の延長(3時間→4時間)
  • 「支会・自治会の部」「中学生の部」「小学生の部」の新設

過去に優勝されたチーム、参加されたチーム、初挑戦となるチーム、結成したばかりのチーム。皆様の挑戦をお待ちしております。

第80回記念奥多摩渓谷駅伝競走大会in青梅・奥多摩
~supported by 東京アドベンチャーライン~

開催日:平成30年12月2日(日曜日)

スタート時間

  • 一般、大学、高校の部…………午前10時00分(青梅市役所前)
  • 中学生の部【新設】……………午前10時20分(青梅市役所前)
  • 小学生の部【新設】……………午前10時22分(青梅市役所前)
  • 女子の部………………………午前11時30分(JR御岳駅前)
  • 支会・自治会の部【新設】………午前11時32分(JR御岳駅前)

参加資格

  • 一般の部……区市町村、会社、工場、クラブを単位とするチーム編成
  • 大学の部……大学を単位とする学生によるチーム編成(ただし、合同チームは認める。)
  • 高校の部……高校を単位とするチーム編成(ただし、合同チームは認める。)
  • 女子の部……高校生以上によるチーム編成
  • 支会・自治会の部…青梅市・奥多摩町内の支会・自治会を単位とするチーム編成(ただし、支会合同チームは認める。)
  • 中学生の部…青梅市・奥多摩町の中学校を単位とするチーム編成(ただし、合同チームは認める。)
  • 小学生の部…青梅市・奥多摩町在住の小学4年生以上によるチーム編成(小学校、スポーツ団体、子ども会など)
(注意)男女混成チームについて、一般、支会・自治会、小学生の部については認めますが、

大学、高校、中学生および女子の部については認めません。

(注意)重複登録についてはすべての部において認めません。

(注意)大会運営上、一般、大学、高校の部については4時間以内

女子、支会・自治会の部については1時間30分以内に完走する力のあるチームに限ります。

チーム編成

  • 一般、大学、高校の部……競技者6名、補欠2名、監督1名、計9名《補欠重複登録不可》
  • 女子、支会・自治会の部…競技者3名、補欠1名、監督1名、計5名《補欠重複登録不可》
  • 中学生、小学生の部……競技者4名、補欠1名、監督1名、計6名《補欠重複登録不可》

大会コース

  • 一般、大学、高校の部(44.8km)

青梅市役所前→奥多摩駅前(折り返し)→青梅市役所前

  • 女子、支会・自治会の部(11.1km)

御嶽駅前→青梅市役所前

  • 中学生、小学生の部(6.8km)

青梅市役所前→青梅信用金庫本店前(折り返し)→青梅市役所前(1.7km×4人の周回コース)

競技規定

  • 競技者は、必ず道路の左側を走行してください。
  • 競走には、自転車、自動車等の伴走は一切認めません。
  • 競技規則は、2018年度日本陸上競技連盟競技規則、同駅伝競走規準および本大会申合せ事項によります。
  • 交通規制の必要上、一般・大学・高校の部については、下記区間で繰上げ出発をしますので、審判員の指示に従ってください。
    • 繰上げ出発時間

3区(古里中継点)………11時30分(前回から+20分)

4区(奥多摩中継点)……12時10分(前回から+30分)

5区(古里中継点)………12時50分(前回から+40分)

6区(二俣尾中継点)……13時40分(前回から+50分)

  • 繰上げ出発後において、前走者が著しく遅いため交通規制上支障があると判断した場合は、審判長はその前走者の競走を中止させることができます。

参加費

  • 一般の部……15,000円
  • 大学の部……13,000円
  • 高校の部……10,000円
  • 女子の部……8,000円
  • 支会・自治会の部……8,000円
  • 中学生の部……4,000円
  • 小学生の部……4,000円

参加制限

  • 一般、大学、高校、女子、支会・自治会の部合計270チームまで受け付けます。
  • 中学生の部は20チーム、小学生の部は50チームまで受け付けます 。

(注意)いずれも先着となります。

申込方法および申込期限(中学生の部、小学生の部以外)

  • 大会要項についている郵便振替用紙に必要事項を記入し、郵便局からお振り込みください。(払込手数料については、参加者負担となります。)
  • お申込み受付後は、参加費の返還はいたしません。ただし、参加チーム数が定数を超えた場合は、参加費をお返しします。
  • 窓口での現金および現金書留等は受け付けません。
  • 大会要項は総合体育館、各市民センター、青梅市役所にて配布いたします。いずれの配布場所に取りに来られない場合は大会事務局まで御連絡ください。

<申込期限>平成30年10月19日(金曜日)

 

申込方法および申込期限(中学生の部、小学生の部)

  • 以下のリンク先、もしくは総合体育館、各市民センター、青梅市役所にて配布している申込書と出場承諾書に必要事項を全て記入し、参加費を持参の上、申込受付期間内に青梅市役所3階スポーツ推進課窓口へ御提出ください。

<申込受付期間>

平成30年9月25日(火曜日)から10月12日(金曜日)
午前9時から午後5時(土、日、祝日を除く)

(注意)上限に達した時点で受付を終了いたします。

大会要項の請求について

80poster

(注意)上記大会要項の印刷による参加申し込み(払込)はできません。

    お近くに大会要項を入手できる環境がない場合は、下記記載の大会事務局まで御連絡をお願いいたします。  

 

大会当日の交通規制について(現在調整中)

大会当日は、奥多摩街道および青梅街道の一部区間で、交通規制が行われます。

御理解と御協力につきまして、どうぞよろしくお願いいたします。

(参考)昨年の交通規制図は以下のとおりです。

第79回奥多摩渓谷駅伝競走大会交通規制図(PDF:474KB)

 

第79回奥多摩渓谷駅伝競走大会開催結果

平成29年12月3日(日曜日)総勢191チームが青梅・奥多摩路を駆け抜けました。

今大会の総合優勝は「コモディイイダ」です。

多くのチームが仲間に襷をつなぎ、大会を盛り上げました!

大会結果

申込数および出走数・完走数

 

  申込数 出走数 区間未完走(DNF) 完走チーム数 オープン参加チーム数(出走・完走チーム数に含む)
一般の部 109チーム 109チーム 1チーム 108チーム 0チーム
大学の部 34チーム 32チーム 0チーム 32チーム 0チーム
高校の部 7チーム 7チーム 0チーム 7チーム 0チーム
女子の部 45チーム 43チーム 0チーム 43チーム 0チーム

当日の様子

 

79ekidenphoto1 79ekidenphoto2 79ekidenphoto3 市役所4 79ekidenphoto5
79ekidenphoto6 79ekidenphoto7 79ekidenphoto8 79ekidenphoto9 79ekidenphoto10

 

 

大会開催要項、結果

大会開催要項

大会結果

奥多摩渓谷駅伝大会事務局

〒198-8701
東京都青梅市東青梅1丁目11番地の1
青梅市役所3階スポーツ推進課内
電話番号:0428-22-1111(内線2338)
FAX番号:0428-22-3508

主催…青梅市、青梅市陸上競技協会

主管…青梅市陸上競技協会

協賛…奥多摩町、青梅信用金庫、東日本旅客鉄道(株)八王子支社、(株)シンクロ

後援…(公財)東京陸上競技協会、(一社)青梅市体育協会、奥多摩町体育協会、(株)毎日新聞社、(株)スポーツニッポン新聞社

協力…青梅市スポーツ推進委員協議会

多摩の魅力発信プロジェクト事業
(※奥多摩渓谷駅伝競走大会は、多摩の魅力発信プロジェクト事業です。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

部署名:経済スポーツ部スポーツ推進課