昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、社会経済活動だけでなく、学校の教育活動も中止や縮小等、様々な制約を受けました。

 今年度も影響は避けられないものの、昨年度に引き続き、「全ての子供に、よりよい人生を切り拓く基盤を確実に築く三小の教育」「共に学び共に支え共に創る三小の教育」を学校経営スローガンとして、保護者、地域の皆様と目標を共有し、連携・協働による学校づくりを進めてまいりたいと考えています。また、「一体感が醸成された地域コミュニティのもと、いい学校が育つ。そして、いい学校のあるところにいいまちができていく。」の理念のもと、地域の中の学校、開かれた学校づくりを進めてまいりたいと考えています。

 私たち学校教育にかかわる者には、「前程万里~子供の前に広がる明るい未来を開き、大きな可能性を引き出す~」使命があります。今日から始まる1年間で、一人一人の子供のよさや可能性を伸ばし、「人にやさしさ 自分につよさ」を目指す姿として、三小教職員一丸となって、子供たちの学びや成長を支えてまいります。

今年度は、以下のことを取組の重点として教育活動をすすめてまいります。

○ICT機器の効果的活用等の工夫による確かな学力の定着

○多様な教育活動による豊かな学びの実現

○多様性を認め合う特別支援教育の推進

 まだまだ、新型コロナウイルスの感染状況については予断を許さない状況が続き、その影響を予測することは難しいですが、その時々の感染状況や国・都の動向を注視し、青梅市の方針に基づき、引き継ぎ感染予防対策を講じ、新たな学校生活様式の中で、子供たちが安全に安心して学びに向かうことができるように努めてまいります。

今年度も、保護者、地域、関係の皆様のご理解、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

校長  平﨑 一美