子どもたちのために 2020.4

青梅市立霞台小学校  

                              校長 佐藤 広明


 令和2年度の学校教育活動がスタートしました。

例年なら、入学した1年生の初々しい姿や声が学校に響き渡り、進級した

子どもたちは、一段アップした学年らしい姿や行動で

毎日意欲的な学校生

活を送っている、学校が一番活動的な時のはずでした。 

 新型コロナウィルスの感染拡大により、学校にとって重要な時期の年度末の3月そして、年度当初の4月、臨時休業となってしまいました。

 子どもたちが困っている中、教職員の異動は例年通り行われ、私は、異動で霞台小に着任しました。新しい霞台小での素敵なスタートをイメージしていましたが、今はとにかく、子どもたちそして、教職員の安全を確保しつつ、今できることのフォロー体制と、再開への準備を進めてまいります。

 1学期は、授業が再開されたとしても様々な制限や注意をして教育活動を進めていくこととなります。また、2学期以降は大きく教育課程の変更も視野に入れていかなくてはなりません。

 保護者地域の皆さんと協働しながら、この困難な状況をクリアしていけたらと願っています。さらなる素晴らしい霞台小学校に向けて、努力してまいります。どうぞよろしくお願いします。