校章

友情の木

校章

校章については、当時市役所に勤務されていた宇津木敏郎様に依頼し、富士塚の名称を、先生、父母、生徒の三つの協調性にまとめ、勉学の心をペン先で力強く表現しました。

 

 新町中学校はもともと第三中学校の学区でしたが、今後の生徒数の増加を考え、新設中学校(新町中学校)を設立することになりました。

 新町中学校の開校に際、第三中学校から友情の木(百日紅さるすべり)が贈られました。正門近くにあります。 

 

校歌

 新町中学校校歌

   作詞 宮沢 章二

   作曲 小山 章三

 

 一 多摩の 山なみ 大岳越えて

   富士は はるかに 雪の峰 

   いまここに 新しく 湧く力あり

   青梅 新町 わが中学よ

   学ぶ いのちの 風ひかる

 

二  辛苦 重ねて 武蔵野拓く 

   意気は みどりの 土に 染み 

   春秋の 胸ふかく よみがえる歌

   生きてたゆまず わが道常に

   目ざす 未来を 開きゆく

 

三  窓に こころに 青春燃えて

   若葉 照る日の 水のこえ

   友らみな たくましく また美しく

   母校 新町 わが夢あふれ

   かおる 誓いに 花よ咲け

  

校 歌

 校歌については、作詞は詩人の宮沢章二氏に依頼し、作曲は国立音楽大学の小山章三氏に依頼しました。新町の「開拓精神」を取り入れながら、明るく力強い曲にしました。