ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

中学校部活動指導員募集

記事ID:0018093 更新日:2020年3月6日更新 印刷画面表示 <外部リンク>
青梅市教育委員会では、市内中学校において顧問教員に代わり部活動の指導を行う部活動指導員(会計年度任用職員)を募集します。

職務内容

学校長の監督のもと、次に掲げる職務を行う。ただし、これらの職務を顧問教員が行うことを妨げない。
(1) 実技指導
(2) 安全・障害予防に関する知識・技能の指導
(3) 学校外での活動(大会・練習試合等)の引率
(4) 用具・施設の点検・管理
(5) 保護者等への連絡
(6) 年間・月間指導計画の作成
(7) 生徒指導に係る対応
(8) 事故が発生した場合の現場対応
(9) その他、部活動指導に関し、学校長が必要と認める事項

応募資格

次のいずれかの要件を満たす者で、学校教育に熱意と十分な理解がある者とする。
(1) 教員免許を有し3年以上の教員経験者
(2) 担当分野における専門的知識および指導能力を有する者

任用期間・勤務時間等

(1) 任用期間 令和2年4月1日から令和3年3月31日の間で指定する期間
(2) 勤務日 原則、週あたり最大5日とする。(平日は最大4日、週休日は最大1日)
(3) 勤務時間 原則、平日は1日あたり2時間、週休日は1日あたり3時間とする。
  ただし、大会引率等により上記を超える場合あり。
(4) その他 勤務日等は学校長と調整し決定する。

報酬等

(1) 報酬 時給1,013円とする。
  ※令和2年3月時点での見込みのため、4月1日以降に変更となる可能性があります。
(2) 通勤手当 支給要件を満たした場合に支給する。
(3) 出張旅費 支給要件を満たした場合に支給する。

その他

(1) 勤務場所 原則、市内中学校とする。
(2) 社会保険・労働保険 加入要件を満たした場合に加入する。
(3) 休暇 任期に応じて、市の規則にもとづき有給休暇等を付与する。
(4) 服務・人事評価 常勤職員と同様に、服務の宣誓、法令及び上司の職務上の命令に従う義務、
  信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、職務専念義務、政治的行為の制限が適用されるととも
  に人事評価制度、懲戒処分の対象となる。
(5) 条件付採用期間 採用されると採用日から1か月間(1か月間の勤務日数が15日に満たない場合
  は15日に達するまで)は条件付採用期間となり、その間良好な成績で勤務をしたとき正式採用
  となる。

選考方法

(1) 申込者を名簿に登録し、市内中学校で人材が必要になった場合に登録者の中から選考を行います。
  そのため、名簿登録は採用を約束するものではありません。
  なお、名簿登録期間は登録日から令和3年3月31日までです。
(2) 市内中学校で人材が必要になった場合に、次のとおり選考を行います。
  一次:書類審査(申込書)による選考
  二次:面接選考
  書類選考を通過した場合のみ面接日程等について連絡します。

申し込み方法

(1) 提出書類

  令和2年度青梅市会計年度任用職員申込書 [PDFファイル/152KB]

  ※市役所3階の指導室でも配布します。

(2) 申込期限 令和2年3月24日(火曜日)必着

※令和2年度を通じ、随時申込者を名簿に登録し、市内中学校で人材が必要になった場合に登録者の   中から選考を行います。そのため本来締切期間はありませんが、令和2年4月からの勤務にかかる採用手続きについては、締切期間内(3月24日まで)に提出いただいた方の中から書類選考、面接を開始し、採用決定します。4月から勤務を希望される方は、締切期間内での提出をおすすめします。なお、締切期間内に書類提出し名簿に登録されても、必ずしも書類選考されることが保証されるわけではないのでご了承ください。

(3) 提出先 青梅市役所3階 指導室指導係へ郵送または直接持参する
(4) その他 提出書類は返却しません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?