ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民部 > 保険年金課 > 後期高齢者医療制度の概要

本文

記事ID:0000266 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

後期高齢者医療制度の概要

概要

平成20年4月1日から、新たに後期高齢者医療制度が始まりました。これにより75歳以上の方(65歳から75歳未満の一定程度の障害状態があり、広域連合の認定を受けた方を含みます)は、「後期高齢者医療制度」の被保険者として医療機関等で受診ができます。

制度の運営

東京都内すべての市区町村が加入する「東京都後期高齢者医療広域連合」が運営主体となります。

広域連合が行うこと

被保険者の認定や保険料率の決定、医療の給付など制度の運営を行います。

  • 被保険者の認定
  • 医療の給付
  • 保険料率の決定
  • 保険料の賦課
  • 健診事業の実施

市区町村が行うこと

住所変更や給付申請などの届け出窓口になります。また、保険証の引渡しや保険料の徴収なども行います。

  • 保険料の徴収・納付相談
  • 保険証の引渡し
  • 各種申請の受付
  • 転入などの加入や資格喪失の届け出の受付

「広域連合お問合せセンター」をご利用ください。

制度についてわからない点など、お気軽にお問合せください。

  • 電話 0570-086-519(受付時間:土曜日・日曜日と祝日を除く平日午前9時~午後5時)
  • ファクス 0570-086-075

※PHS・IP電話の方は電話03-3222-4499へ

※具体的な保険料額など、個人情報に関する内容等にはお答えできません。

広域連合公式ホームページを開設しています。ご利用ください。

東京いきいきネット 東京都後期高齢者医療広域連合<外部リンク>

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?