ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境部 > 下水管理課 > 下水道使用料の減免制度

本文

記事ID:0026365 更新日:2021年4月1日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

下水道使用料の減免制度

重度の身体・知的・精神障害者手帳等所持者がいる市民税非課税世帯への           下水道使用料を減免します!

下水道使用料減免制度の主なスケジュール

減免制度の詳細

 

 ・対象

  同一世帯の構成員全員が市民税非課税であり、等級が次のいずれかに該当する世帯
  ▷身体障害者手帳 1・2級
  ▷愛の手帳 1・2級
  ▷精神障害保健福祉手帳 1 級


 ・減免額

  1か月につき汚水排出量8立方メートルに相当する額

 ・申請方法

   (1)各種手帳

   (2)領収書

   (3)下記の申請書 

      ▷下水道使用料減免 申請書 [Wordファイル/44KB]

      ▷下水道使用料減免 申請書 [PDFファイル/98KB]

   ~記入例:赤字の部分をご記入ください~     

            ▷下水道使用料減免 申請書記入例 [PDFファイル/167KB]

    ~Q&A集~

 Q1 令和3年4月に身体障がい者手帳(1級)を交付されています(青梅市在住・非課税世帯)減免の申請はできますか?

       A1 今年対象となる方は、各種手帳をお持ちで、非課税世帯で、そのうちに水道名義人がいる方のうち、令和2年1月から令和2年12月の間に条件を満たしており、下水道使用料をお支払いただいた方です。 ※令和3年4月に手帳を交付された場合は、令和4年に申請していただくことになります。

 Q2 減免の申請に必要な要件は何ですか?

       A2 以下の要件が必要です。

      ・青梅市に住民票がある。

      ・(該当する等級の)各種手帳を持っている。

      ・世帯員全員が非課税である。

      ・水道名義人が非課税世帯の中にいる。

 

 Q3 申請に必要なものは何ですか?

       A3 次のものをお持ちください。

      ・各種手帳(身体障がい者手帳1・2級 愛の手帳1・2級 精神障害保健福祉手帳1級)

      ・領収書(水道名義人の名前がわかるもの)

      ・下水道使用料減免の申請書

 

下水道使用料減免 申請書イメージ図         申請書イメージ図

 

 Q4 手帳の交付を受けていますが(非課税世帯)、水道名義人が別世帯の者である場合は、減免の対象となりますか?

       A4 水道名義人が別世帯の方の場合は対象になりません。

 

※土・日曜日を除く

※ほかの制度により、すでに減免を受けている世帯は除く。昨年この制度の減免を受けた世帯は申請不要

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?