ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済スポーツ部 > 農林水産課 > PPV防除に関する情報

本文

記事ID:0001771 更新日:2021年4月1日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

PPV防除に関する情報

 緊急防除にかかる強化対策は終了しました

対策の経過

平成21年に市内で初めて、ウメ輪紋ウイルス(PPV)の感染が確認されてから、国による緊急防除対策が行われた結果、市内全域で約4万本もの梅樹等が伐採されることとなりました。またなかなか再植栽もできないことから、農業や観光・商業事業に深刻な影響を与えてきました。

このような状況を踏まえ、平成27年度から市が主体となり、地域の皆様方の協力を得て、ウメ輪紋ウイルスに対する強化対策事業に取り組んだ結果、感染割合は大きく低下しました。
これを受けて、令和3年3月をもって強化対策事業は終了となりました。

一方、国による緊急防除対策についても発生地域の感染割合が大幅に低下したことから、令和3年3月をもって終了となりました。

今後は強化対策を行ってきた地域の経過観察を目的とし、新たな防除対策を実施いたします。
皆様の引き続きのご理解、ご協力をお願いいたします。

今後の対策

1.感染状況調査

年2回の調査を実施し、早期に感染植物を発見。

2.感染樹の伐採

感染植物が確認された場合、伐採を実施。

3.アブラムシ防除

対象植物に対して年2回のアブラムシ防除を実施。

対象地区

  • 梅郷全域、和田町全域
  • 柚木町1丁目、二俣尾1・2丁目、畑中3丁目、日向和田2丁目の一部および3丁目
  • 柚木町2・3丁目の一部、二俣尾3丁目と4丁目の一部、畑中1・2丁目の一部、日向和田1丁目および2丁目の一部

対象植物

ウメ

 その他対策に関すること

アブラムシ防除のお願い

PPVはアブラムシを媒介にして、ウメなどの植物に感染が拡大していきます。ただし、ヒトや動物には感染せず、また、果実を食べても健康に影響はありません。
PPVのまん延を防止するために、庭木や盆栽などでこのウイルスに感染するおそれがある植物(ウメ、モモ、スモモ、アンズなど)を所有する方は、アブラムシ駆除等の適正な管理をされますようお願いします。

疑わしい症状が見られたら情報提供を

具体的症状

葉に退緑斑点や輪紋が生じる。

詳しくは症状等の写真は農林水産省のホームページでご確認いただけます。

ウメ輪紋ウイルスの病徴写真<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?