ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館 > 展覧会開催記録 > これまでの展覧会 > (2021年2月13日~3月28日)館蔵企画展「生誕120年-宮本十久一展」

本文

(2021年2月13日~3月28日)館蔵企画展「生誕120年-宮本十久一展」

記事ID:0029341 更新日:2021年3月29日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

こちらの展覧会は終了いたしました。

会期中は多数のご来館をいただき、ありがとうございました。

趣旨

宮本十久一(みやもと・とくいち、1901~82年)は、現在の文京区本郷にて生まれ育った人物です。中学校卒業後に川端美術学校に学び、一方で吉川霊華に私淑し、大和絵画法を独習することによって、日本画家への道を歩み始め、1920年に開催された第1回中央美術社展に出品された《四国路》は、一部の識者に評価されました。
しかし、1923年の関東大震災による実家の焼失等により、経済的な理由から画家になることは断念せざるを得ず、以降は定年退職するまで、公立学校の美術教師として生計を立てることになりました。それでも、絵画に対する情熱は失われず、仕事の合間にスケッチを描き、定年退職から死去までの約20年間は、その活動をより活発化させ、膨大な水彩画や素描を残しました。
本展では当館が所蔵する作品の中から、大小さまざまな約70点をご紹介します。身近な風景に対する、十久一の暖かな眼差しをご鑑賞ください。

基本情報

会期

2021年2月13日(土曜日)から2021年3月28日(日曜日)

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日

観覧料

大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)カッコ内は20名以上の団体割引料金です。

  • 青梅市民で65歳以上の方(免許証・保険証など住所・年齢が確認できるものをご提示ください。)は無料です。
    ※複数名で来館の場合は、一人ずつ証明をご提示願います。
  • 障害者手帳をお持ちの方(障害者手帳をご提示ください)とその付添者1名は無料です。
  • 青梅市内の小・中学生は土・日・祝日無料です。
  • 青梅市吉川英治記念館との共通観覧券(大人600円、小人200円)を販売しています。

出品作品

「宮本十久一展」作品目録 [PDFファイル/90KB]

ご来館・観覧について

関連イベント

新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、本展会期中のイベント(ギャラリーガイド等)の開催はございません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?