ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

館蔵企画展「生誕130年-小島善太郎展」

記事ID:0054537 更新日:2022年3月31日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

こちらの展覧会は終了いたしました。

会期中は多数のご来館をいただき、ありがとうございました。

趣旨

小島善太郎(こじま・ぜんたろう、1892~1984年)は、1930年協会(1926年設立)や独立美術協会(1930年設立)といった、日本洋画史を彩る団体の、設立会員として名を連ねた洋画家です。また、生誕の地は現在の新宿区ですが、フランス留学後は八王子市や日野市に長く居住したことから、多摩地域ともゆかりが深く、青梅市との関係では、地元の青梅美術協会の絵画指導に長年携わり、そうした経緯が青梅市立美術館設立の契機のひとつにもなりました。

本展では小島の生誕130周年を記念して、所蔵する作品のうち55点を、(1)《画家への歩み》、(2)《留学後の成果》、(3)《人物》、(4)《風景》、(5)《静物》、(6)《裸婦》、(7)《喫茶店ピーコックの元壁画》の7つの章に分けてご紹介します。

館蔵企画展「生誕130年―小島善太郎展」チラシ [PDFファイル/6.62MB]

基本情報

会期

2022年2月11日(金曜日・祝日)~3月27日(日曜日)

開館時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日。ただし、3月21日(月曜日・祝日)は開館し、翌22日(火曜日)は休館。

観覧料

大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)カッコ内は20名以上の団体割引料金です。

  • 青梅市民で65歳以上の方(免許証・保険証など住所・年齢が確認できるものをご提示ください。)は無料です。
    ※複数名で来館の場合は、一人ずつ証明をご提示願います。
  • 障害者手帳をお持ちの方(障害者手帳をご提示ください)とその付添者1名は無料です。
  • 青梅市内の小・中学生は土・日・祝日無料です。
  • 青梅市吉川英治記念館との共通観覧券(大人600円、小人200円)を販売しています。

出品作品

館蔵企画展「生誕130年―小島善太郎展」出品目録 [PDFファイル/105KB]

ご来館・観覧について

関連イベント

新型コロナウイルス感染防止対策の一環として、本展会期中のイベント(ギャラリーガイド等)の開催はございません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?