ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災 > 防災啓発・防災訓練 > ブロック塀等撤去費補助制度

本文

記事ID:0002197 更新日:2020年4月1日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

ブロック塀等撤去費補助制度

市では、地震によるブロック塀等の倒壊事故を防ぐために、道路に面しているブロック塀等の撤去費用の補助を行っています。

是非、御利用ください!

※補助制度に便乗した詐欺等に御注意ください。不審な点を感じた場合には、防災課へお問い合わせください。

補助対象者

補助の対象となる者は、次に掲げる要件を全て満たすものとする。

  1. ブロック塀等を所有または管理し、当該ブロック塀等を撤去する者
  2. 青梅市暴力団排除条例(平成24年条例第17号)第2条第2号に規定する暴力団員または同条第3号に規定する暴力団密接関係者でない者
  3. 市税等に滞納がない者

補助対象ブロック塀等

補助の対象となるブロック塀等は、本市の区域内で一般の通行の用に供している道路に面し、前面道路の地盤面からブロック塀等の頂部までの高さが1メートルを超え、かつ、当該ブロック塀等の構造部の高さが60センチメートルを超えるもの

ブロック塀万年塀

補助対象工事

補助金の交付対象となる工事は、前項の補助対象ブロック塀等にかかる工事であって、次に掲げる要件を全て満たすものとする。

  1. ブロック塀等の全部または一部を撤去するもの。一部を撤去する場合は、ブロック塀等の構造部の高さを60センチメートル以下にする工事であること。
  2. 敷地や敷地内の建物等の売却等または建物等の新築、改築等を目的としたブロック塀等の撤去工事ではないこと。
  3. 同一敷地内において、この要綱による補助金その他同種の補助金の交付を受けていないこと。
  4. ブロック塀等を撤去後に、撤去箇所の十分な安全確保を図ること。
  5. 交付決定後に着手するもの。 ※撤去済みであっても、平成30年6月18日以降に行った工事であれば対象となる場合があります。防災課までご相談ください。
  6. 2021年3月31日までに完了する工事であること。

補助金の交付額

補助金の交付額は、次に掲げるもののうちいずれか少ない額とする。

この場合において、当該額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

  1. 工事に要した費用の10分の9の額
  2. 撤去するブロック塀等の長さ(0.1メートル未満の端数を切り捨てたものとする。)に1メートル当たり6,000円を乗じて得た額
  3. 18万円

申請書・提出方法

申請書…市役所総合案内(1階)、防災課(5階)、各市民センター、中央図書館で配布をしております。また、下記リンクからダウンロードをしていただくことも可能です。

提出先…防災課(市役所5階)※郵送での受付は行っておりません。

よくある質問

よくある質問と回答 [PDFファイル/159KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?