ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 土木課 > 青梅市橋りょう等個別施設計画の改定

本文

記事ID:0012291 更新日:2021年3月23日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

青梅市橋りょう等個別施設計画の改定

計画概要

計画の目的

平成29(2017)年3月に策定した「青梅市公共施設等総合管理計画」にもとづき、青梅市が管理する橋りょう、トンネル、大型カルバート、横断歩道橋(ペデストリアンデッキ)などの道路施設を対象とした計画であり、以下を目的としています。

  • 今後の老朽化の進行や厳しい財政状況の中、道路ネットワークと施設利用者の安全を確保する。
  • 計画的な維持管理等を進め、これら施設の長寿命化と維持・修繕等の費用削減を図る。

計画期間

計画期間は令和元(2019)年度からの2巡目の点検サイクルに合わせ、令和元(2019)年からの10年間としています。

改定経過

  • 令和元(2019)年5月 策定
  • 令和 3(2021)年3月 改定

改定内容

点検対象施設に河辺駅北口にあるペデストリアンデッキ(河辺びっぐぷらむ)を追加しました。

 

青梅市橋りょう等個別施設計画(令和3年3月改定版) [PDFファイル/2.22MB]

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?