ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特別支援教育

記事ID:0002415 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

特別支援教育は、障害のある幼児・児童・生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという視点に立ち、幼児・児童・生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、そのもてる力を高め、生活や学習上の困難を改善または克服するため、適切な指導および必要な支援を行うものです。

また、これまでの特殊教育(東京都においては「心身障害教育」)の対象の障害だけではなく、知的な遅れのない発達障害を含めて、特別な支援を必要とする幼児・児童・生徒が在籍するすべての小学校において実施されるものです。

さらに、特別支援教育は、障害のある幼児・児童・生徒への教育にとどまらず、障害の有無やその他の個々の違いを認識しつつ、様々な人々が生き生きと生活できる共生社会の形成の基礎となるものであり、我が国の現在および将来の社会にとって重要な意味をもつものです。

(参考:文部科学省初等中等教育局長通知平成19年4月1日)

合唱する子どもたち

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?