ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済スポーツ部 > 商工観光課 > 生産性向上特別措置法による支援

本文

記事ID:0002073 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

生産性向上特別措置法による支援

生産性向上特別措置法にもとづき、中小企業者等に向けた融合措置が儲けられました。先端設備等を導入するに当たって支援することにより、事業者の生産性向上のための設備投資を促進させることを目的としています。

支援を受けるに当たっては、あらかじめ「先端設備等導入計画」を策定し、市からの認定を受ける必要があります。

計画の策定、認定手続等については下記のリンクからご確認ください。

生産性向上特別措置法にもとづく先端設備導入計画について

支援措置について

固定資産税の特例措置

認定された先端設備等導入計画に位置付けられ、要件を満たした先端設備等に対する固定資産税の負担を3年間ゼロとします。詳細は 償却資産について

中小企業信用保険法の特例

先端設備等導入計画の実行に当たり融資を受ける際の特例があります。詳しくは、信用保証協会へお問い合わせください。

各種補助金の優先採択

国が設けている各種補助制度について、優先採択や補助率の引き上げがあります。詳しくは各補助金事務局へお問合せください。※市では受付等を行っておりません。

  • ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金)
  • 小規模事業者持続化補助金(持続化補助金)
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)
  • サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT補助金)

関連リンク

生産性向上特別措置法に基づく支援について(中小企業庁) (外部サイト)<外部リンク>

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?