ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市整備部 > 都市計画課 > 「青梅市の美しい風景を育む条例」にもとづく届出について

本文

記事ID:0001252 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

「青梅市の美しい風景を育む条例」にもとづく届出について

青梅市では、「青梅市の美しい風景を育む条例」にもとづき、市内で建築行為等を行う場合には届出が必要です。

届出は景観形成地区(第8条1項)と一般地区(第12条1項)により、内容が異なります。

以下の手順を参考に、届出が必要な場合は、都市計画課(市役所5階)に届出書の提出をお願いします。

届出の手順

手順1~行為場所の確認

青梅市は、景観形成地区と一般地区に分かれています。次のリンクを参照して、行為を行う場所が、どちらの地区に該当するかをご確認ください。

景観形成地区の範囲

一般地区の範囲

上記の景観形成地区を除く青梅市内全域

手順2~届出が必要な行為の確認

景観形成地区と一般地区では、届出が必要な行為が異なります。次のリンクを参照して、届出が必要かどうかをご確認ください。

手順3~事前相談

届出が必要な行為を行う場合には、計画の内容について都市計画課にご相談ください。

相談は窓口まで直接お越しください。

なお、事前に電話で予約をお願いします。

手順4~景観形成基準の確認

景観形成地区と一般地区では、それぞれ景観形成基準が決まっており、届出対象となる計画については、原則として景観形成基準等を満たしている必要があります。

届出がされた計画については審査を行いますので、景観形成基準等を満たす計画となるようご配慮ください。

審査の際には以下の項目が目安となりますので、ご確認ください。

手順5~届出書の作成

景観形成地区における行為の届出書と、一般地区における行為の届出書は様式が異なります。それぞれの様式をもとに、届出書を作成してください。

届出書は正本(印鑑が必要な書類は押印したもの)を2部提出する必要があります。

各種届出様式とその記入例は申請書ダウンロード(生産緑地を除く)からもダウンロードできます。

※以下は作成いただく届出様式の一例であり、案件によっては必要書類が異なる場合があります。詳細は都市計画課までご確認ください。

青梅駅周辺景観形成地区における行為の届出様式例

以上の書類を、正本で2部提出してください。

多摩川沿い景観形成地区における行為の届出様式例

以上の書類を、正本で2部提出してください。

一般地区における行為の届出様式例

以上の書類を、正本で2部提出してください。

手順6~届出書の提出

作成した届出書は正本(印鑑が必要な書類は押印したもの)を2部、届出の期日までに都市計画課(市役所5階)に直接提出してください。

届出に不備がある場合は、受け付けができない場合がありますので、必要書類・内容をよくご確認ください。

届出の期日[PDFファイル/19KB]

手順7~審査結果

届出がされた計画について審査を行い、審査結果を都市計画課よりご連絡します。

審査の結果、適合しない内容があった場合には、計画の再検討をお願いします。その後の手続きの流れについては、随時ご連絡します。再検討いただいた内容は、改めて審査を行います。

審査は原則として、毎月第1・第3木曜日に行います。審査実施日は変更となる場合もありますので、事前にスケジュールを確認されたい場合は、都市計画課までお問合せください。

なお、審査実施日の3日前(土・日・祝日を除く)までに提出された届出書について審査を行います。なお、届出書提出日によっては、審査が行われるまでに時間がかかる場合があります。

手順8~適合通知書の受け取り

審査の結果、適合と判断された計画については、適合通知書を発行します。適合通知書が発行できましたら、担当者の認印をご持ってくるの上、都市計画課(市役所5階)まで受け取りに来てください。

適合通知書を受け取りましたら、「青梅市の美しい風景を育む条例」にもとづく届出手続きは終了となります。

なお、適合通知書発行後に届出内容に変更が生じた場合、もしくは未決定部分について内容が決定した場合は、改めて変更の届出が必要となりますので、必ず着工前に都市計画課までご相談ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?