ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 環境部 > 環境政策課 > 青梅市放射性物質対応指針にもとづく測定結果

本文

記事ID:0000887 更新日:2019年10月28日更新 印刷画面表示 <外部リンク>

青梅市放射性物質対応指針にもとづく測定結果

青梅市では、青梅市放射性物質対応指針にもとづく空間放射線量の測定を行いました。

今後も順次測定を行っていきます。

測定機器:日立アロカメディカル社製TCS-172B

使用した測定器は、個人の外部被ばくを管理する目的の機器であり、安全側に評価するように調整されているので、高めの数値を示します。(東京都説明)

測定結果

青梅市が実施した、青梅市放射性物質対応指針にもとづく空間放射線量の測定の結果は次のとおりです。

2012年2月24日~2018年1月18日

測定を行った施設の地区別測定結果一覧(2018年1月18日まで)[PDFファイル/135KB]

除染を行った施設の測定結果

青梅市放射性物質対応指針にもとづく除染を行った施設等の、経過を監視するため除染土埋立箇所の測定を行いました。測定結果は次の通りです。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声をお聞かせください

設問1

このページの情報は役に立ちましたか?

設問2

このページは見つけやすかったですか?